令和3年度 ビジネスプラン実証支援事業:株式会社クリアタクト
AI画像認識技術を活用した医療備品検査サービスの提供

■ビジネスプラン実証支援実施に際して

・次世代技術活用ビジネスイノベーション創出事業参加のきっかけ

端的に、企画したビジネスプランが成り立つのかを評価してもらいたかったので創出事業に参加しました。
もともと、別製品のPoCを茨城県立医療大学と茨城県産業技術イノベーションセンターと行っていた際に産まれたビジネスアイデアでした。現場のニーズから発生したビジネスプランですが、メンタリングを通して、本当にニーズ解決できるのか、ビジネス化できるのかなどブラッシュアップができるという事で、茨城県産業技術イノベーションセンターに勧めて頂き、ビジネスプラン構築研修に申込を行いました。

・会社概要

企業名:株式会社クリアタクト
ホームページのURL:https://www.creatact.co.jp/

弊社は茨城県水戸市(本社)及び東京都文京区御茶ノ水(東京オフィス)の2拠点でソフトウェアの受託・企画開発を行っております。
弊社の特徴としては、「人工知能技術を活用したデータ分析」と「制御系のシステム開発」が強みです。
制御系のシステム開発では、車載、IoT、組込み分野の開発を行っており、人工知能技術では画像処理・解析の他に「ベイジアンネットワーク」という分析方法を用いたビッグデータの分析及び分析結果を用いた各種レコメンドシステムの開発を行っております。
ソフトウェアだけの開発に限らず、ハードウェアも含めたシステムの開発も行っており、様々な分野のお客様から開発のご依頼を頂いております。

 

・実証支援で取り組むこと   

業務負荷の高い医療業界に対して、負担となっているバックヤード業務を軽減する備品検査サービスの提供を行います。
本件では、医療機関で行われている備品の定期検査において、目視検査を行っている作業に対し、AI画像認識技術を用いたソフトウェアを提供します。これにより、検査時間の短縮を実現すると共に、検査品質の均一化を実現します。

・目標、今回の取り組みへの思い

実証支援では、開発したシステムが医療現場のニーズ解決できるのか、販売先はどう拡げていくのか、医療現場~販売チャネルに関わる人たちを巻き込んだ検証を行いたいと思います。
本システムを提供する事で、現在弊社では実績のない医療業界への新規参入が可能になります。このサービスを皮切りに、医療業界のバックヤード業務をITで軽減していく事で、医療従事者が医療行為に専念できるシステム・サービスの提供を進めていきたいと考えております。

・事業化への課題

実績のない医療業界への新規参入する為に、現場のニーズに即した機能、利用形態、価格、効果を実現する事が重要だと考えます。
そのため、大学・病院での実証実験やヒアリングを大事にすると共にスピード感を持って進めていきたいと考えています。

【お問い合わせ】

株式会社クリアタクト
https://www.creatact.co.jp/

〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町1041-4 サンビルヂング4F
TEL: 029-350-7388    FAX: 029-350-8070