Tsukuba Global Science Week 「産学連携による持続的発展に向けたイノベ―ション」

筑波大学では、9月20日~22日にかけて「Tsukuba Global Science Week (TGSW)」を開催します。
多岐にわたる学術分野の最先端の研究成果を共有し、より良い未来を実現するために何ができるかを議論する場を提供いたします。

その一環として、2018年9月20日14:00-17:00、筑波国際会議場ホール300において「産学連携による持続的発展に向けたイノベーションの創出」と題した講演会を開催します。

ご興味のある方は是非ご参加ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

参加登録:TGSW2018サイトから https://tgsw.tsukuba.ac.jp
チラシはこちら→Session 8-13 Program(0716)J

■Tsukuba Global Science Week(TGSW)
Session 8-13 産学連携による持続的発展に向けたイノベーションの創出

日時:2018年9月20日 14:00-17:00
場所:筑波国際会議場 ホール300

〇キーノート:ベン・シュナイダーマン(メリーランド大学コンピュータサイエンス学部教授、ヒューマンコンピュータインタラクション研究所創設者、全米技術アカデミー会員)
〇ジェニファー・J.プリース (メリーランド大学情報学部教授、名誉学部長)
〇クリストファー・R.ノーブル (MIT環境ソリューションイニシアティブの産学連携ディレクター)
〇グレッグ・マッキー (サンディエゴ、CONNECT CEO)
〇セッションオーガナイザー:内田 史彦(筑波大学教授 国際産学連携本部 本部審議役)

カテゴリー: TOPニュースイベント情報, イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。