文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業NIMS拠点H29年度設備利用講習会

12月14日(木)、物質・材料研究機構において「固体高分解能NMRプローブ利用の実際(2)」と題しました「NMR設備利用講習会」を開催することになりましたのでご案内いたします。
講習会チラシはこちら→NMR設備利用講習会

<講習の内容>
ケマグネティクス社製の500MHzワイドボア用CP/MASプローブ(写真)とJeol Resonance社製のMASコントローラーを用いて、測定する際に具体的に必要となるノウハウの実際を習得する。
特に、回転試料管を壊す事故は初心者よりも中級者の方が多いため、中級者向け研修を行います。(本講習会ではNMR測定そのものの講習は行いませんので、ご了承ください。NMR測定そのものの講習についてはCUPALの入門コースまたは上級コースをご利用ください。

開催日時】1214日(木)13:0015:00

【場所】物質・材料研究機構(NIMS)桜地区 第2NMR実験棟108

    〒305-0003 茨城県つくば市桜3-13

 ※ 物質・材料研究機構までのアクセス / 入構手続きのご案内は以下をご覧ください。

 http://www.nims.go.jp/nims/office/tsukuba_sakura.html

【定員】2名(中級コース)

※磁場近くでの作業につき、安全のため定員2名。

要事前登録。応募者多数の場合は抽選。

【参加費】無料 

【参加申し込み】128日(木)正午まで

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/13cff8e1287206

 

カテゴリー: TOPニュースイベント情報, ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。