JSTがおくる筑波研究学園都市エリア科学技術支援セミナー(2)

ASTEP

JST事業活用術②「産学連携での共同研究開発を見据えたA-STEP事業活用法」

  • 日時:2019年2月4日(月)15:30-17:00(~17:30)
  • 会場:つくばイノベーションプラザ(TIP) 大会議室

つくば市吾妻1-10-1/ノバホールとなり・TXつくば駅バスターミナルより徒歩3分/駐車場有料

JSTつくばオフィスでは、筑波研究学園都市エリアの大学・研究機関の研究者・橋渡し人材※・大学等と共同研究開発をしようとされている企業の皆様にJSTの支援事業を有効にご活用いただけるよう、研究開発・産学連携・技術移転等支援および関連事業に関するセミナーを不定期開催しております。

2019年度に向け大学等のシーズを元に企業ニーズ(技術課題・産学共同研究等に関する課題)解決に取り組む研究を支援する「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)事業」の制度説明と、本事業を活用しての技術移転・産業化のための共同研究等に関するセミナーを開催します。皆様のご参加、本事業に関するご相談等、お待ちしております。

※コーディネータ・IC・URA・技術移転マネージャーなど共同研究・技術移転・ベンチャー創出など学術研究と産業界をつなぎ研究者や企業を支援する人

<プログラム>

  • 【1部 15:30~16:00】

JSTの産学連携支援~大学等の基礎研究をもとにした応用研究と技術移転

・大学等の研究開発(シーズ)支援とそれらをいかす産学官連携(技術移転)支援

・技術移転支援事業と各プログラムの関係性~A-STEP、START、SUCCESS、SATREPSなど

・これからのJSTの産学連携支援事業~2019年度予算と2020年度の改革の方向性

  • 【2部 16:10~17:00】

研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)事業

・機能検証フェーズ・産学共同フェーズ・企業主導フェーズの各フェーズの制度と対象について

・A-STEP事業での支援成果~課題解決と製品化、横展開

・A-STEP機能検証フェーズ(試験研究タイプと実証研究タイプ)の考え方と活用

~産学官連携の重要性と橋渡し人材の役割、共同研究手前からの支援

・A-STEP申請のための研究、企業課題等の整理と申請書の記入における注意点

・マッチングプランナーへの相談と活用方法

・総合質疑

【名刺交換会 ~17:30】

・マッチングプランナーに個別相談のある方はこの折りにお伝え下さい、後日ご連絡をさせていただきます。

<参加申し込み方法> ※事前申込制、先着順

必要事項をe-mailで、つくばグローバルイノベーション推進機構まで申し込み下さい。

メールタイトル: JST支援セミナー2参加申込

メール本文への記載事項:

・参加される方の ご所属(機関名)、部課署、お名前、役職名、e-mailアドレス。

・その他、A-STEP事業に関するご質問等があればお書き添えください。

お申し込み先:一般社団法人つくばグローバル・イノベーション推進機構(TGI)

e-mail event(@)tsukuba-gi.jp

申し込み締め切り:2019年1月31日(木)17:00必着

お問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 JSTつくばオフィス MP友田

e-mail kazumi.tomoda(@)jst.go.jp

主催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
共催:一般社団法人つくばグローバル・イノベーション推進機構(TGI)

協力:筑波大学URA研究戦略推進室 (予定)

カテゴリー: TOPニュースイベント情報, イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。