10月26日(月)

原山 優子 氏

1996年ジュネーブ大学教育学博士課程修了、1997年ジュネーブ大学経済学博士課程修了、1998年ジュネーブ大学経済学部助教授、2001年独立行政法人経済産業研究所研究員を経て、2002年より東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻教授に就任、科学技術イノベーション政策などの教育研究に従事。2010年から経済協力開発機構科学技術産業局次長。2013年3月に内閣府総合科学技術会議常勤議員に就任、現在に至る。

Tim Bestwick 氏

ケンブリッジ大学にて博士号(工学)取得後、IBM研究部門(米国)、シャープ研究所(英国)勤務。専門は主に光電子工学及びナノ構造技術。 ロンドンビジネススクールに学んだ後、Bookham Technology社、Kamelian社にて技術・商品開発、知財、事業開発、ベンチャーキャピタルの立上げを担当。2003年に英国科学技術施設会議(STFC)に着任し、STFC傘下の研究所から派生した12社の創業を担当、多数の技術系ベンチャー企業の取締役も務めている。現在、STFCビジネス・イノベーション担当執行役員、英国内の科学・イノベーション拠点 SciTech Daresbury及びHarwell Campusの長を兼務。

10月27日(火)

天野 浩 氏

1988年 名古屋大学大学院工学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。1989年 工学博士(名古屋大学)。1988年4月 名古屋大学工学部助手、1992年4月 名城大学理工学部講師、助教授を経て2002年4月 名城大学理工学部教授。2010年4月 名古屋大学大学院工学研究科教授、2011年4月 名古屋大学赤﨑記念研究センター長兼任。主な受賞歴は1998年 英国ランク賞、2001年 丸文学術賞、2009年 応用物理学会フェロー、2011年 英国物理学会フェロー、2014年 文化功労者、文化勲章、2014年 ノーベル物理学賞、2015年 静岡県民栄誉賞。

山海 嘉之 氏

1987年筑波大学大学院修了。工学博士。

日本学術振興会特別研究員、筑波大学助手、講師、助教授、米国Baylor医科大学客員教授を経て現在、筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授、筑波大学サイバニクス研究センター長、CYBERDYNE㈱代表取締役社長/CEO、内閣府ImPACTプログラムマネージャー。

内閣府 FIRST:最先端サイバニクス研究プログラム研究統括、日本ロボット学会理事、評議員、世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Agenda Council Member等を歴任。