平成27年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】 <育種対応型>

平成27年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】<育種対応型>

公募期間 2015年1月8日(木)~2015年2月12日(木) 12:00
公募概要 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業における「実用技術開発ステージ」では、研究実施期間終了後に生産現場等で確実に活用できる生産・流通・加工等の実用的な技術(以下「生産技術等」という。)の開発を対象とします。そのため、前提条件として、十分な基礎・応用研
究での知見及びそれに基づく技術シーズの蓄積があることが必要です。
育種対応型では上記に加えて、「新品種・新技術の開発・保護・普及の方針」(平成25年12月11日攻めの農林水産業推進本部決定)を踏まえ、実需者ニーズに対応し、研究実施期間終了後に農業生産現場で確実に普及できる新品種の開発を対象としています。
Aタイプ
本研究区分においては、複数の研究機関が連携し、開発する品種が広域的に普及することが確実に見込まれる研究課題、又はタイプの違う(例えば、パン用と菓子用小麦)複数の品種開発を行う研究課題を対象とします
Bタイプ
本研究区分においては、地域における重要品目について、開発する品種の普及が確実に見込まれる研究課題を対象とします。
募集対象 民間企業、技術研究組合、公益又は一般法人、独立行政法人、大学、地方公共団体、NPO法人、協同組合等の法人格を有する研究機関等であること
Aタイプ:複数の研究機関(研究グループ)による応募(実需者及び生産者の参画が必須)
Bタイプ:研究グループによるほか、単独の研究機関による応募(実需者及び生産者の参画が必須)
研究費 Aタイプ 2千万円以内/年 
Bタイプ 1千万円以内/年
研究期間 5年以内
採択予定件数 両タイプ合わせて合計で8課題程度
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。
公募説明会
問合せ先 農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:調整班 小笠原、福田(育種対応型関係)
代表:03-3502-8111(内線5892) ダイヤルイン:03-3502-7462 FAX:03-3593-2209
担当者:産学連携振興班 山崎、林田、北谷(事業全般関係)
代表:03-3502-8111(内線5898) ダイヤルイン:03-6744-7044 FAX:03-3593-2209

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。