平成28年度 「糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業 」技術開発提案B(若手育成枠)

平成28年度 「糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業 」技術開発提案B(若手育成枠)

公募期間 2016年3月2日(水) ~2016年4月11日(月) 12:00
公募概要 我が国はこれまでの糖鎖研究事業の成果として、レクチンアレイ技術や質量分析技術、糖タンパク質合成技術、糖鎖関連データベース、糖鎖遺伝子ノックアウトマウス技術など、世界レベルの基礎研究技術を開発してきたものの、これらの技術は創薬技術として統合されてこなかったため、これまでの創薬開発には十分に活用されてきませんでした。そこで本事業では国内の糖鎖に関する基礎研究技術を、創薬標的探索という方向に束ねて支援することにより、国際的にも競争力のある基盤技術を確立し、新たな創薬標的の探索手段の拡充を目指します。
技術開発提案Bは、高度な知識と研究を有する若手研究者の人材育成と異分野研究者の保有する先端的な技術の本事業への活用を目的とし、若手育成枠として公募します。なお、若手研究者とは(平成28年4月1日現在、満39歳以下)を対象としますが、女性研究者の場合は、満45歳以下(平成28年4月1日現在)を対象とし、産前・産後休業及び育児休業を取った者は、その日数を応募資格の制限日に加算することができます。
【対象項目】
研究開発項目[1] 極微量の糖鎖標的を検出、検証するための技術開発
研究開発項目[2] 糖鎖標的を精密に構造解析するための技術開発
研究開発項目[3] 糖鎖標的を製造するための技術開発
研究開発項目[4] 糖鎖標的に対する捕捉分子作成のための技術開発
研究開発項目[5] 発見された糖鎖標的の創薬意義の解明
募集対象 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 NPO等非営利団体
※詳細は公募要領P.10「II.応募に関する諸条件等」参照
※若手研究者とは(平成28年4月1日現在、満39歳以下)を対象としますが、女性研究者の場合は、満45歳以下(平成28年4月1日現在)を対象とし、産前・産後休業及び育児休業を取った者は、その日数を応募資格の制限日に加算することができます。
研究費 1課題あたり 10,000千円程度(間接経費30%以内を含む)
研究期間 平成28年度~平成32年度(5年間)
採択予定件数 0~5件
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
加えて、応募書類一式を郵送にて提出する。
公募説明会
問合せ先 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル22階
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部医薬品研究課
糖鎖創薬事業担当:田村、知場
E-mail:jisedai-med@amed.go.jp(「@」は半角にしてください。)

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。