技術ニーズに関するニュースレター -3月3日版-

1
 

技術募集要項のニュースレターの3月3日版です。

新規募集要項

大型構造物の非接触内部状態解析・診断技術

売り上げ数兆円規模のグローバルな大手メーカーが、橋などの社会インフラや高層ビルなどの大型構造物の内部状態を非接触で解析・診断する技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/XGgkLnM)

高断熱性と薄肉化を実現する革新的技術

大手住宅設備メーカーを代理して、極めて高い断熱性と薄肉異形成形性を両立できる革新的技術を求めている。本募集では、厚型化せずとも極めて優れた断熱性を提供できる革新的素材、または、そうした素材を薄型に実現する技術・ノウハウのいずれも歓迎する。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/XgdmVQd)

抗体のがん細胞特異性向上技術

第一三共株式会社(http://www.daiichisankyo.co.jp) が、正常細胞およびがん細胞の両方に発現している分子を標的としながらも、がん細胞に対してのみ抗体を特異的に作用させる技術を求めている。なお、複数の抗原やシグナルを同時に認識することにより、特異性を向上させる技術の提案も歓迎する。
*締切:2016/3/28  

(http://xtw.me/XAp0Rno)

熱交換器上の硬水スケール防止

グローバルな家電メーカーが、飲料水を加熱する金属表面にスケール(水アカ)が堆積したり、付着するのを防止、又は検出できる技術を求めている。
*締切:2016/3/17  

(http://xtw.me/XFkYtTf)

アルミニウム缶の印字技術

ペプシコ社が、高品質なグラフィックスを飲料用アルミニウム缶に施すための画期的なランダム印字又は加飾技術を求めている。
*締切:2016/3/29  

(http://xtw.me/XcowoFW)

天然物由来の香味料、着色料及び防腐剤

ペプシコ社が、食品及び飲料品に用いられている香味料、着色料、防腐剤において、従来の材料に代わる天然物由来の材料を求めている。
*締切:2016/3/29  

(http://xtw.me/XAh8MVn)

プラスチック包装用のガスバリア技術

ペプシコ社が、プラスチック製ボトル及びプラスチック製フレックスバッグ、又はアルミニウム缶に適用できるコスト効率の良いガスバリア技術を求めている。
*締切:2016/3/29  

(http://xtw.me/XYAe4Zt)

培地の滅菌状態を維持する技術

グラクソ・スミスクライン社が、封止管路又は大型袋内において、最高温度40℃で哺乳類細胞培地の滅菌状態を最長で90日間維持する技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/Xeo3Fve)

製造・包装工程のラインクリアランスの即時確認技術

グラクソ・スミスクライン社が、製品や部品が製造・包装工程のラインから完全に取り除かれたことを確認する技術を求めている。
*締切:2016/3/29  

(http://xtw.me/XdyrFKd)

酸素の側方拡散を促進する技術

シールドエアー社が、膜面に沿って酸素の側方拡散を促進する材料や加工技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/XypakKX)

広トルク範囲で高いモーター効率を実現する技術

冷暖房空調設備産業の大手企業が、幅広いトルク範囲にわたりモーターが最大効率を維持できる技術を求めている。
*締切:2016/3/22  

(http://xtw.me/XG7xCaV)

現在提案募集中の技術募集要項

GE、SIMENS、KRAFT、Pfizer、XEROX等各企業の個別の募集案件はこちら

(https://ninesights.ninesigma.com/featuredgalleries)

 

エア・リキード社の必須分子に関する技術公募

(http://xtw.me/XvtbndQ)

 [公募1] 太陽エネルギーでボトル内にH2(水素)を製造する技術
 エア・リキード社が、太陽エネルギーを使用して水からH2(水素)を作り出す技術を求めている。特に、太陽エネルギーと水を使って水素の大量生産が可能な提案に期待している。
 *締切:2016/4/28 

(http://xtw.me/XBJHyZJ)

 [公募2] ポケッタブルな小型分子
 エア・リキード社が、O2(酸素)、N2(窒素)、H2(水素)、C2H2(アセチレン)及び希ガス類の内、一つ又は複数を高密度貯蔵できる革新的なスポンジ材料の設計技術を求めている。
 *締切:2016/4/28 

(http://xtw.me/XrnsPgo)

 [公募3] CO2(二酸化炭素)のO2還元
 エア・リキード社が、二酸化炭素(CO2)をその構成要素である酸素(O2)、炭素(C)又は一酸化炭素(CO)に分解する技術を求めている。
 *締切:2016/4/28 

(http://xtw.me/X8ILnsJ)

低溶解性薬物の注射用処方

グローバルな製薬会社が、低溶解性医薬化合物を注射用処方として実現する技術を求めている。
*締切:2016/3/15  

(http://xtw.me/XPICqk5)

皮下組織内の薬物分布評価

グローバルな製薬会社が、ヒトの皮下組織内の薬物濃度を直接測定できる技術を求めている。
*締切:2016/3/15  

(http://xtw.me/XseYxEf)

サスペンション部品の欠陥予測

IncWell社のパートナーが、サスペンション部品の欠陥をシミュレーションする技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/Xweotqi)

接合前処理の定量分析

IncWell社が、熱可塑性材料(例えば熱可塑性オレフィンやガラス長繊維強化ポリプロピレンなど)の表面エネルギーを非接触式かつインラインで検査できる技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/XkHfyw8)

プラスチックの材料不良シミュレーション技術

IncWell社のパートナーが、プラスチック内の材料不良を正確かつ詳細にシミュレーションできる技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/XYHZ7u2)

セルフピアスリベットのシミュレーション方法

IncWell社のパートナーが、セルフピアスリベットを含む車体構造に伴う応力やひずみをシミュレーションできる技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/XJfqWUR)

革新的な非接触式生体センサー

IncWell社のパートナーが、ドライバーの状態を迅速かつ正確に検知するための、非侵襲/非接触の生体センサー技術を求めている。
*締切:2016/3/18  

(http://xtw.me/XKFsP40)

屋根塗装用の耐吸塵性材料

ICLグループの技術インキュベーターであるICL Innovation社が、屋根塗装に耐吸塵性を与える新たな材料を求めている。
*締切:2016/3/4  

(http://xtw.me/XwxM6QI)

自己凝集する薬物送達粒子

グローバルな製薬会社が、注入後に自己凝集する薬物送達粒子を求めている。
*締切:2016/3/4  

(http://xtw.me/XuC2Kul)

硝子体注射用生体材料の毒性プロファイル予測

グローバルな製薬会社が、眼の硝子体液に注射するための生体材料の毒性プロファイルを予測できる技術を求めている。
*締切:2016/3/10  

(http://xtw.me/Xg9turl)

タンパク質/ペプチド系治療薬の経口送達

グローバルな製薬会社が、タンパク質及びペプチド系治療薬の経口送達を実現する技術を求めている。
*締切:2016/3/8  

(http://xtw.me/XvhIuhi)

化合物の水溶液中における安定化技術

某製薬会社が、注射剤に使用する薬剤(ランジオロール塩酸塩,分子量:546.05)の水溶液中における保存安定性を向上させることにより、製剤の活性を長期的に維持可能な安定化技術を求めている。
*締切:2016/3/9  

(http://xtw.me/XrBx1BF)

大型攪拌バイオリアクタ内の二酸化炭素(CO2)濃度を低下させる技術

グローバルな製薬会社が、既存の攪拌バイオリアクタを最小限改造して、酸素(O2)含有量は増加させずにバイオリアクタ内の溶解CO2濃度を低下させる手法を求めている。
*締切:2016/3/10  

(http://xtw.me/XzmbfnG)

癌ゲノム変異からタンパク質機能を予測する技術

第一三共株式会社 (http://www.daiichisankyo.co.jp) が、癌ゲノム変異情報からタンパク質の機能や活性の変化を予測可能な技術を求めている。
*締切:2016/3/3

(http://xtw.me/XkTO6vo)

聴診器用の低コストなデジタルインターフェース

グローバルな製薬会社が、アナログ音をデジタル信号に変換し、その信号を有線又は無線接続を介してモバイル機器又はコンピュータに転送する、安価なマイク装置又は聴診器付属品を求めている。
*締切:2016/3/4  

(http://xtw.me/X0jkZie)

技術提案/募集に関するお問い合わせ:ナインシグマジャパン

電話: 03-3219-2006
eメール:proposal@ninesigma.co.jp(「@」は半角にしてください。)

カテゴリー: 技術ニーズ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。