平成28年度労災疾病臨床研究事業費補助金「 職場における化学物質の感作性障害 に対する防止措置と健康管理の有効性に関する研究(160501) 」

平成28年度労災疾病臨床研究事業費補助金「 職場における化学物質の感作性障害に対する防止措置と健康管理の有効性に関する研究(160501) 」

公募期間 2016年2月12日(金)~2016年3月14日(月) 17:00
公募概要 職場における化学物質の健康障害のうちの慢性中毒(亜慢性中毒含む)の防止については、労働安全衛生法及び特定化学物質障害予防規則等の関連規則により、対象となる化学物質ごとに設定された管理濃度を作業環境管理の基準として局所排気装置等の工学的対策を取ることとされている。この管理濃度は、主に発がん性等の有害性を基に設定されているが、気道感作性物
質については、個人差があることや一般的にはその閾値が極めて低いことから、これに対応した管理濃度を設定し、事業場において一律に作業環境を管理することは、困難となる場合がある。一方で、気道感作性物質を取り扱う事業場においては、定期的に個別に労働者の感作の状況を確認するなど、労働者の健康管理とばく露防止対策が適切に実施される必要がある。このため、気道感作性物質を対象に、これを取り扱う事業場への実態調査を実施するなどにより、ばく露実態に応じた適切なばく露防止対策と健康管理のための生物学的モニタリング手法を検討し、その比較考量により双方のアプローチの有効性について研究する。
募集対象 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 個人
※詳細は公募要領P.2「II.応募に関する諸条件等」参照
研究費 1課題当たり10,000千円程度(1年あたりの研究費。間接経費30%限度を含む。)
研究期間 3年
採択予定件数 1課題程度
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
公募説明会
問合せ先 厚生労働省労働基準局労災管理課  疾病調査研究補助金係 
厚生労働省代表03-5253-1111(内線5469)

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。