平成28年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】<現場ニーズ対応型、重要施策対応型>

平成28年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】<現場ニーズ対応型、重要施策対応型>

公募期間 2016年1月8日(金)~2016年2月8日(月) 12:00
公募概要 実用技術開発ステージでは、研究期間終了後に生産現場等で確実に活用できる生産・流通・加工等の実用的な技術(以下「生産技術等」という。)の開発を対象としています。そのため、前提条件として、十分な基礎・応用研究での知見及びそれに基づく技術シーズの蓄積があることが必要です。
生産現場等で確実に活用できる生産技術等の開発とは、本事業における研究実施期間の終了時に、生産現場等に導入・普及することが可能な技術(技術の体系化を含む。)、手法(新たな評価・分析手法等)等を指し、これらを本事業における研究開
発が対象です。
【募集する研究区分】
①現場ニーズ対応型
②重要施策対応型
募集対象 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体 、 個人 、 その他
※公募要領P.4「共通事項4-3.応募資格等(1)研究機関の分類」に示すⅠ~Ⅳのセクターのうち、2以上のセクター研究機関等から構成される研究グループでの応募が必須。
※研究グループの中に、「普及・実用化支援組織」(都道府県普及指導センター、民間企業、協同組合、生産者団体等の機関)の参画が必須。
研究費 ①現場ニーズ対応型:Aタイプ 3,000万円/年(研究連携協定書に基づく研究課題は5,000万円/年)、Bタイプ:1,000万円/年
②重要施策対応型:2,000万円/年
(間接経費は直接経費の30%上限)
研究期間 3年以内
採択予定件数 ①現場ニーズ対応型:Aタイプ 5件、Bタイプ 5件
②重要施策対応型:1件
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
公募説明会
問合せ先 農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室
担当者:産学連携振興班 伊藤、高橋、加藤、下屋敷
TEL:03-6744-7044    FAX:03-3593-2209
メールアドレス:maff_sangakurenkei@nm.maff.go.jp(「@」は半角にしてください。)

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。