平成28年度成育疾患克服等総合研究事業1次公募

平成28年度成育疾患克服等総合研究事業1次公募

公募期間 2015年11月27日(金) ~2016年1月6日(水) 12:00
公募概要 社会及び家庭環境の変化により、子ども・子育ての分野において、解決すべき課題は急激に増加
し、多様化しています。子どもの健全育成を保障する持続可能な社会基盤の強化のために、妊産婦と子どもの二つの世代に着目して、妊娠・出産に関する分野および母子保健・児童福祉の多様な社会的・行政的課題に対応するための研究を行い、少子化対策の推進と厚生労働科学研究の重点的分野の推進を担います。また、本事業では、小児の個別疾病に関する新規課題を扱いませんが、先天性の小児希少疾患に対する遺伝子治療の課題の公募に限って、本年まで実施します。本事業は、厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 母子保健課の実施する『健やか次世代育成総合研究事業』と連係して行います。
【公募課題名】
(1)生殖補助医療技術の標準化に関する研究
(2)本邦の先天異常発生状況の推移とその影響要因に関する研究
(3)重症先天性免疫不全症等に対するex vivo遺伝子・細胞治療等の実施に関する研究
(4)先天性代謝異常等成育疾患に対するin vivo遺伝子治療・細胞治療等の臨床研究
(5)卵子の老化および生殖細胞、卵巣の凍結保存に関する研究
(6)革新的治療の存在する新たな成育疾患の発症前スクリーニング法の開発とその適応基準の作成に関する研究
(7)不育症の原因解明、予防、治療に関する研究
(8)妊娠高血圧症候群等妊婦関連疾患の予防・早期発見・治療・予後に関する研究
(9)母子感染に対する母子保健体制構築と医療技術開発のための研究
(10)周産期における虚血性脳障害(脳性麻痺)の発生・重症化予防に関する研究
募集対象 大学等 、 研究者・研究チーム 、 その他
※詳細は公募要領P.5「II-1.本事業の応募資格者」参照
研究費 大学等 、 研究者・研究チーム 、 その他
※詳細は公募要領P.5「II-1.本事業の応募資格者」参照
研究期間 大学等 、 研究者・研究チーム 、 その他
※詳細は公募要領P.5「II-1.本事業の応募資格者」参照
採択予定件数 大学等 、 研究者・研究チーム 、 その他
※詳細は公募要領P.5「II-1.本事業の応募資格者」参照
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
公募説明会 ホームページにてご確認下さい。
「平成28年度公募に関する合同説明会」
http://www.amed.go.jp/news/program/20151109.html
問合せ先 日本医療研究開発機構 戦略推進部研究企画課
成育疾患克服等総合研究事業(1次公募)担当
Tel:03-6870-2224
E-mail:kenkyuk-ask@amed.go.jp(「@」は半角にしてください。)

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。