平成28年度肝炎等克服実用化研究事業

平成28年度肝炎等克服実用化研究事業

公募期間 2015年11月13日(金)~2015年12月15日(火) 12:00
公募概要 本研究事業では、国民の健康を保持する上での重要な課題である肝炎治療実績の大幅な改善につながる成果の獲得を目指し、肝炎に関する基礎から臨床研究を切れ目なく推進します。
肝炎等克服緊急対策研究事業では、肝炎の予防、診断、治療に係る技術の向上、肝炎医療を行う上で必要な医薬品・医療機器の開発につながる、基盤技術の開発も含めた基礎・臨床研究を実施します。
【公募する課題】
1.C型肝炎の新たな治療に対する宿主因子又はウイルス因子に関する研究
2.肝硬変患者の肝機能改善につながる医療技術の創出を目指した研究
3.C型肝炎における慢性肝炎から発がんに至るまでの病態解明とその制御に関する研究
4.科学的根拠に基づくウイルス性肝炎治療に関する研究
5.自然免疫応答の視点から見たC型肝炎治療の新たな展開に関する研究
6.C型肝炎ウイルス排除を目指したワクチン開発に関する研究
7.肝炎ウイルスの感染複製増殖と病原性発現を阻止するための基盤的研究
8.ウイルス性肝疾患領域における新たな知見の創出や新規技術の開発に関する研究
募集対象 研究者・研究チーム
※詳細は公募要領P.5「II-1.本事業の応募資格者」参照
研究費 課題により異なります。詳しくは公募要領P.57~59「XIII.公募課題一覧」を参照下さい。
(間接経費は直接経費の額の30%を上限とします)
研究期間 最長3年(平成28年度~平成30年度)
採択予定件数 課題により異なります。詳しくは公募要領P.57~59「XIII.公募課題一覧」を参照下さい。
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
加えて書類一式を郵送する。
公募説明会
問合せ先 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 
戦略推進部 感染症研究課
肝炎等克服実用化研究事業担当(佐藤、鈴木、伊藤)
E-mail:hepatitis@amed.go.jp (「@」は半角にしてください。)

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。