「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)」第2回

「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)」第2回

公募期間 2015年7月14日(火)~2015年8月31日(月) 12:00
公募概要 バイオマスエネルギーの利用拡大を推進するためには、熱利用等を有効に図り効率よく運用するとともに、地域の特性を活かした最適なシステム化が必要です。
このために、NEDOでは利用拡大のための技術指針、導入要件を策定するため、バイオマスエネルギーを利用した具体的な事業について、地域自立システムとしての事業性評価(FS)および実証事業(助成事業)を行います。事業性評価(FS)および実証の結果は技術指針、導入要件の策定に反映します。
募集対象 公募要領p.2に示された条件を満たす単独又は複数で受託を希望する企業等の法人
研究費 事業性評価(FS):総額200百万円程度(1テーマあたり10~30百万円程度(100%NEDO負担)
実証事業:総額7250百万円(2/3NEDO負担)
研究期間 事業性評価(FS):平成27年度~平成28年度
実証事業:平成28年度以降(3年から5年程度の範囲で提案者が設定)
採択予定件数
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認は不要)
公募説明会
問合せ先 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
新エネルギー部 バイオマスグループ 担当者:只隈、橋本、原田、木村
FAX:044-520-5275 (H27.8.20までに限りFAXにて受付)

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。