難治性疾患実用化研究事業 3次公募

難治性疾患実用化研究事業 3次公募

公募期間 2015年7月8日(水)~2015年8月18日(火) 12:00
公募概要 本研究事業は、「希少性」、「原因不明」、「効果的な治療方法未確立」、「生活面への長期にわたる支障」の4要件を満たす希少難治性疾患を対象として、病因・病態の解明、画期的な診断・治療・予防法の開発を推進することで、希少難治性疾患の克服を目指すものです。
【研究課題】
疾患特異的iPS細胞を用いた難治性疾患の病態解明及び治療法開発に関する研究
募集対象 国内の大学、研究機関、法人等
研究費 1課題当たり年間100,000千円程度(間接経費を含む)
研究期間 最長2年(2015年度~2016年度)
採択予定件数 10課題程度
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
公募説明会 予定なし
問合せ先 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部難病研究課
Tel:03-6870-2223(課代表) E-mail:nambyo-info”at”amed.go.jp
※E-mailは上記アドレス”at”の部分を@に変えてください。
又は、公募要領P.32の「X.照会先」をご確認ください

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。