平成27年度建設技術研究開発助成制度 政策課題解決型技術開発公募

平成27年度建設技術研究開発助成制度 政策課題解決型技術開発公募

公募期間 2015年5月26日(火)~2015年6月26日(金) 17:00
公募概要 建設技術研究開発助成制度は、建設分野の技術革新を推進するための競争的資金制度で、平成13年度(2001年度)に創設されました。
平成27年度における公募においては、以下の技術研究開発提案を求めます。
○政策課題解決型技術開発公募(一般タイプ)
テーマ1<防災>
 「被災地の被害情報収集・集約の省力化・効率化に向けた技術開発」
テーマ2<維持管理>
 「住宅・社会インフラの維持管理性に優れた補修・補強に関する技術開発」
テーマ3<建設生産システム>
 「建設現場の省力化・効率化に資する技術開発」
○政策課題解決型技術開発公募(中小企業タイプ)
テーマ
 「地域の地形・地質、気象、文化等の実情に応じた課題解決のための建設技術に関する技術研究開発」
募集対象 (一般タイプ)
・大学等の研究機関の研究者
・研究を主な事業目的としている、特例民法法人並びに一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人及び公益財団法人、又は当該法人に所属する研究者
(中小企業タイプ)
・中小企業の要件を満たす法人(中小企業と大学等に所属する研究者との共同研究も可)
研究費 ・政策課題解決型(一般タイプ)
  【新規課題】【H26年度採択継続課題】:4,500万円まで(年度上限額2,700万)
・政策課題解決型(中小企業タイプ)
  【事前調査(F/S)】1年間(助成1年目)【技術開発(R&D)】1~2年間(助成2年目以降)
研究期間 ・政策課題解決型(一般タイプ)【新規課題】:最大2年間
・政策課題解決型(一般タイプ)【H26年度採択継続課題】:最大2年間
・政策課題解決型(中小企業タイプ):【事前調査(F/S)】1年間(助成1年目)
                       【技術開発(R&D)】1~2年間(助成2年目以降)
採択予定件数 (継続採択課題を除いた採択予定数)
・政策課題解決型技術開発公募(一般タイプ):5課題程度
・政策課題解決型技術開発公募(中小企業タイプ):3課題程度
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
本部学内締切:6月19日(金)午前10時まで 
公募説明会
問合せ先 国土交通省大臣官房技術調査課 林、大木、木下
TEL:03-5253-8111(代表) (内線22343、22348、22305) 
直通 03-5253-8125 FAX:03-5253-1536

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。