平成27年度研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム 最先端研究基盤領域(Ⅱ)先端機器開発タイプ

平成27年度研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム 最先端研究基盤領域(Ⅱ)先端機器開発タイプ

公募期間 2015年5月29日(金) ~2015年7月2日(木) 12:00
公募概要 最先端の研究開発やものづくり現場での計測・分析ニーズに応える、創造的・独創的な先端計測分析技術・機器及びその周辺システムの開発を推進します。
本タイプでは、最先端の研究やものづくり現場でのニーズに応えるため、将来の創造的・独創的な研究開発に資する先端計測分析技術・機器及びその周辺システムの開発を実施する課題を広く公募します。ユーザーニーズに基づき、かつ既存・競合技術に対する優位性を有する機器の開発にあたり、実用化を強く意識したチーム体制や開発計画の立案が求められます。
募集対象 大学・国立研究開発法人等と企業の研究機関が密接に連携した「開発チーム」チームリーダーおよびサブリーダーはそれぞれ異なる区分の機関(産と学・官)に所属する方に担当していただきます(チームリーダーとサブリーダーがともに、学・官、あるいは産の申請は認められない)
※詳細については、公募要領P.68「(2)申請の要件等」をご確認ください
※チームリーダーとして申請する場合には、研究倫理に関する教育プログラム(CITI Japanシステム)を受講していることが応募要件になりますのでご注意ください。
研究費 5千万円程度/年(NMR共用プラットフォーム連携型:2千万円程度/年)
※間接経費は直接経費の30%を上限とする
研究期間 5年4ヶ月以内
採択予定件数 数課題程度(NMR共用プラットフォーム連携型:若干数)
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認は不要)
加えて、課題申請書5部を簡易書留または宅配便にて提出する。
※郵送期限:平成26年7月6日(月)必着
公募説明会 ※事前の参加登録が必要です。ホームページをご確認ください
東京①6月8日(月)13:30~ JST東京本部別館(K’s五番町)1Fホール
大阪  6月10日(水)13:30~ TKP新大阪ビジネスセンター・ホール 3A
名古屋6月15日(月)13:30~ TKPガーデンシティ名古屋新幹線口・カンファレンスホール4A
東京②6月17日(水)13:30~ JST東京本部別館(K’s五番町)1Fホール
問合せ先 科学技術振興機構産学連携展開部先端計測グループ
(電話)03-3512-3529 9:00~18:00 ※土曜日、日曜日、祝祭日を除く
(E-mail)sentan[at]jst.go.jp

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。