平成27年度二酸化炭素回収技術実用化研究事業(二酸化炭素分離膜モジュール実用化研究開発事業)

平成27年度二酸化炭素回収技術実用化研究事業(二酸化炭素分離膜モジュール実用化研究開発事業)

公募期間 2015年2月6日(金)~2015年3月9日(月) 12:00
公募概要 二酸化炭素回収・貯留(CCS)は、重要な地球温暖化対策として期待されておりますが、実用化に当たっては実施に要するコスト、特に大部分を占める分離・回収コストの低減が課題となっています。
従来、二酸化炭素(CO2)の分離・回収には、分離に加熱が必要な化学吸収法等が用いられていますが、本事業では、これに代わる低コストな手法として、圧力を有する石炭ガス化ガス等からの
CO2分離用に期待されている、分離膜技術の実用化に向けた研究開発を行うため、【平成27年度「二酸化炭素回収技術実用化研究事業(二酸化炭素分離膜モジュール実用化研究開発事業)」】について委託先を募集します。
募集対象 公募要領の「4.応募資格」の要件を満たす企業・団体等
研究費 240,000千円(上限)
研究期間 契約締結日~平成28年3月31日
採択予定件数 1件
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。
公募説明会 ※申込み要、(締切2/12(木)17時)
募集要領「6.応募手続き(2)説明会の開催」をご確認ください
開催日時:平成27年2月17日(火)14時30分~15時
問合せ先 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
経済産業省 産業技術環境局 環境調和産業・技術室 担当:川端、井上
E-Mail:kawabata-takashi@meti.go.jp;inoue-miyuki@meti.go.jpメールリンク(「@」は半角にしてください。)

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。