ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発

ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発

公募期間 2014年10月8日(水)~2014年10月30日(木) 12:00
公募概要 ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題(重点課題)を対象に、所要の研究開発体制を構築し、アプリケーションとポスト「京」のシステムアーキテクチャ、システムソフトウェア等の協調的な設計開発(コデザイン)のもと、課題解決に資するアプリケーションを開発するとともに、ポスト「京」の計算資源を活用し、これらのアプリケーションを利活用して行う重点課題に関する研究開発を行います。
 ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題(重点課題)
  (1)生体分子システムの機能制御による革新的創薬基盤の構築
  (2)個別化・予防医療を支援する統合計算生命科学
  (3)地震・津波による複合災害の統合的予測システムの構築
  (4)観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化
  (5)エネルギーの高効率な創出,変換・貯蔵,利用の新規基盤技術の開発
  (6)革新的クリーンエネルギーシステムの実用化
  (7)次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成
  (8)近未来型ものづくりを先導する革新的設計・製造プロセスの開発
  (9)宇宙の基本法則と進化の解明
募集対象 公募要領P.16に示す国内の大学、研究開発機関、企業等の機関
研究費 (1) 調査研究・準備研究フェーズ:
(平成26年度):1代表機関あたり5百万円程度(一般管理費を含む)
(平成27年度):1代表機関あたり最大数千万円程度を想定
(2) 本格実施フェーズ:(年間):1代表機関あたり最大1.5億円~3億円程度を想定
研究期間 1) 調査研究・準備研究フェーズ:2年間(平成26年度~平成27年度)
(2) 本格実施フェーズ:4年間(平成28年度~平成31年度)
採択予定件数 9件(各重点課題ごとに1代表機関)
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認が必要)
公募説明会 ※申込み要、公募要領P.6をご確認ください
日時:平成26年10月16日(木) 11時~12時  場所:文部科学省 5階 5F3会議室
問合せ先 <事業の内容に関する問合せ>
文部科学省研究振興局参事官(情報担当)付計算科学技術推進室
e-mail:hpci-con@mext.go.jp(「@」は半角にしてください。) TEL:03-6734-4275
<提出書類の作成・提出に関する手続等に関する問合せ>
独立行政法人科学技術振興機構科学技術プログラム推進部研究振興事業グループ
e-mail:ktkoubo@jst.go.jp(「@」は半角にしてください。) TEL:03-5214-7990

 

●詳細はこちら

カテゴリー: TOPニュースイベント情報, 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。