社会インフラへのモニタリング技術の活用推進に関する技術研究開発

公募期間 2014年9月8日(月) ~2014年10月6日(月) 18:00
公募概要 国土交通省では、社会インフラの維持管理にセンサ等を活用してインフラの状況を客観的に把握するモニタリング技術について、産学官が連携しながら、現場実証を通じてその有効性を評価・分析すること等により技術開発等を推進するために、平成25年10月に「社会インフラのモニタリング技術活用推進検討委員会」を設置し、調査・検討を行っているところです。今般、社会インフラのモニタリング技術の実用化に向けた現場実証等を行うため、下記の公募を行います。
(a)モニタリングシステムの現場実証
(b)モニタリング技術を社会インフラの維持管理業務へ適用するための技術的検証
※参加方式A(現場実証に係る費用を委託費として支払う方式)と参加方式B(自らの費用で現場実証を行う方式)があります
募集対象 公募要領P7の応募資格に該当する法人又は研究者
研究費 (a)上限は1件当たり年間1500万円程度(間接経費含)
(b)年間1億円程度とし、初年度は5000万円程度(間接経費含)
研究期間 3年~5年程度
採択予定件数 (a)橋梁分野:6課題程度 のり面・斜面分野:2課題程度 河川堤防分野:4課題程度
(b)1件程度
応募方法 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請する。(所属研究機関の承認は不要) 加えて、書類一式を郵送又は宅配便にて提出する。
公募説明会
問合せ先 国土交通省大臣官房技術調査課
TEL:03-5253-8111 (内線22347) 直通 03-5253-8125 FAX:03-5253-1536

 

●詳細はこちら

カテゴリー: 外部資金   パーマリンク

コメントは受け付けていません。